コイ

コイ

淡水で生息している魚類です。世界の様々な国で食料品として利用されています。

生物

キーワード

共通コイ, 魚, えら, スイマー, 背びれ, 一対のフィン, 不対フィン, 骨盤鰭, 胸鰭, 尾鰭, 水泳膀胱, 卵, 水生ライフスタイル, 淡水, 雑食性の, 動物, 脊索動物門, 魚座, 硬骨魚綱, 生物

関連のエクストラ

シーン

コイ

解剖

  • バーベル - 力学的と化学的な感覚器管です。
  • えら蓋 - 空いているとき(吸入)、水が口を通じてえらの方へ流れます。蓋が閉じている(呼気)時、水が蓋の下から流れ出ます。
  • 粘液とうろこで覆われた肌 - 粘液は保護の上、捕食動物に魚を掴めにくくする役割があります。皮膚呼吸においても重要です:水の酸素が粘液に溶け込んで、皮膚の血管に拡散します。
  • 背びれ
  • 尾びれ
  • 尻びれ
  • 腹びれ
  • 胸びれ

骨格

  • 脊髄
  • 背びれ
  • 尾びれ
  • 尻びれ
  • 腹びれ
  • 胸びれ

内臓

  • えら - 魚の呼吸器系であり、水からの酸素を結合します。
  • 二室の心臓 - この臓器が心房一つと心室一つの分かります。二酸化炭素を豊富に含む血液が心臓を流れ通り、えらの方に流れます。えらの方に流れる血流に酸素が結合されます。
  • 肝臓 - 脂肪小滴を乳化し、表面を増加することによって消化しやすくする胆液を形成します。栄養の保管と毒物の排出においても重要な器官です。
  • 腸管
  • 総排出腔 - 腸、尿管と生殖器官の一つの総排出腔があります。これを通じて尿、排泄物、雌の卵と雄の精子が排出されます。 哺乳類以外の多くの脊髄動物は総排出腔があります。
  • 浮袋 - ガス含有量の調節により、魚の体の密度を変化します。このように水に沈んだり、上に泳いだりします。
  • 脊髄
  • 腎臓 - 代謝廃棄物を排出する臓器です。

アニメーション

  • 脊髄
  • 背びれ
  • 尾びれ
  • 尻びれ
  • 腹びれ
  • 胸びれ

ナレーション

ヨーロッパアジア淡水原産であり、コイは現在世界中に分布し、食料品のため 繁殖されています。湖と流れが遅い川を好んでいます。雑食性動物であり、水生植物、蠕虫と小さな節足動物を食べています。
家畜化されたコイは野生のコイから繁殖されていました。家畜化されたコイは人気です:店でもよく売られている種類は鱗が鏡のような鏡鯉と鱗がない革鯉です。

鯉は硬骨魚に属しています。サメとエイのような軟骨魚類と異なって、硬骨魚の骨格が骨で構成されています。硬骨魚の尾びれ対称であり、軟骨魚類のは非対称です。尾びれ尻びれ背びれ対になっていなく胸びれ腹びれ一対あります。
陸上で生息するようになった脊椎動物前脚と後ろ脚が先史時代の魚の胸びれと腹びれから進化していました。我々の腕と硬骨魚の胸びれが進化的に共通起源があり、同種の構造を持っています。同じように、我々の脚と魚の腹びれも同種の構造です。

脊椎には脊髄があり、頭蓋骨の中で位置しています。浮袋は硬骨魚の典型的な臓器です。魚は中にガス含有量調節できます。空気の量が増えると、体の平均密度減少し魚が水中で上に上がります。軟骨魚類は浮袋がありません。

魚類の心臓には二つの部分が含まれています:心房が一つと心室が一つあります。えらから運送される酸素を豊富に含む血液二酸化炭素を多く含む血液が心房に流れ込みます。酸素と二酸化炭素も豊富に含む血流が心房で混ざります。この混ざった血液が心室と体の他の部分に流れます。

魚類では、えらを通じて呼吸が行われます。えらは進化的に前腸を由来します。硬骨魚では、えら蓋の動きによって水が常にえらを通じて流れるようになります。硬骨魚と異なって、軟骨魚類はえら蓋がないので、えらに水が流れるように、常に泳ぐ必要があります。

魚類は尿管生殖器官の一つの総排出腔があります。これを通じて尿、排泄物、雌の卵と雄の精子が排出されます。多くの脊髄動物は総排出腔があります。哺乳類は肛門と尿道が別にあります。

食料品として使われているとき、体重が2‐3kgのコイが買われていますが、これよりもっと大きくなる場合もあります。40kgを超えているコイも釣られたことがあります。雌は体重1キロごと卵を10万個産みます。コイのキャビアの原材料としても使われています。最も広く食料品として使われている中央ヨーロッパで多くの料理に使用されます。

関連のエクストラ

淡水魚

淡水に生息している淡水魚は食べ物としても人気です。

魚の呼吸

魚が呼吸するとき、血管で満たされたえらは水から酸素が受け取り、二酸化炭素が放出されます。

脊椎動物の生活環

脊椎動物の生活環は、個体の生殖細胞の形成で始まり、次世代の生殖細胞の形成で終わります。

先史時代の甲冑魚

絶滅した魚類の一種です。甲冑魚の頭は硬い甲で保護されていました。

アンコウ

この奇怪な魚はえさを捕まるために生物発光をしているおとり(ルアー)を利用します。これはアニメーションでどのように働くか説明します。

サメ

軟骨魚綱に属する魚類で、一番有名なのはホホジロザメとシュモクザメです。

シーラカンス

生きている化石とも呼ばれ、四足類の進化において重要な段階です。

ハンドウイルカ

ハンドウイルカは超音波で方向定位している海洋に生息している哺乳類です。

Added to your cart.