視床下部下垂体軸

視床下部下垂体軸

視床下部下垂体軸は内分泌系の調節の中枢を担っています。

生物

キーワード

視床下部, 下垂体, 視床下部 - 下垂体門脈系, フィードバック, レギュレーション, 内分泌系, ホルモン, ホルモンを阻害します, 刺激ホルモン, フロントローブ, 後葉, 神経分泌, 腺腫, オキシトシン, バソプレシン, ADH, 内分泌腺, 成長ホルモン, ACTH, プロラクチン, TSH, FSH, LH, 先端巨大症, 巨大主義, 小人症, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

位置

  • 視床下部 - 間脳の一部であり、ホルモン系の中心です。
  • 下垂体 - ホルモン系の中心です。働きが視床下部のホルモンにより調節されます。

構造

  • 視床下部 - 間脳の一部であり、ホルモン系の中心です。下垂体を調節するホルモンを分泌する神経内分泌細胞が含まれています。
  • 脳下垂体の前頭葉 - 神経内分泌細胞が他の内分泌腺に影響を与えるホルモンを分泌します。ホルモンの形成は視床下部のホルモンにより調節されます。
  • 脳下垂体の後葉 - 視床下部にある大きな神経内分泌細胞により分泌されたオキシトシンとADHはここで保管され、血液に放出されます。
  • 小さな神経内分泌細胞 - 視床下部にある神経内分泌細胞です。分泌されるホルモンは下垂体の前葉に放出され、そこでホルモンを形成する細胞の働きを調節します。
  • 大きな神経内分泌細胞 - 視床下部にある神経内分泌細胞です。分泌されるホルモンは下垂体の後葉に放出され、血液に流されます。 オキシトシンとADHを分泌します。
  • 性腺刺激ホルモン産生細胞 - 働きは視床下部の神経内分泌細胞により調節されます。他の内分泌腺に影響を与えるホルモンを分泌します。

ホルモン

  • FSH, LH - 卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)です。 女性の体の中の働きにちなんで名づけられたが、男性にも性機能を調節するホルモンです。
  • 成長ホルモン - 骨と筋肉の成長を刺激します。成長ホルモンの欠乏により比例低身長、過剰形成により巨人症、あるいは大人になって発生する場合は先端巨大症の原因となります。先端巨大症とは患者の舌、手、鼻と耳が大きくなる病気です。
  • プロラクチン - 乳腺を刺激します。
  • ACTH - 副腎皮質で、性ホルモンと炭水化物の代謝に影響するホルモンの分泌を刺激します。
  • TSH - 甲状腺で、チロキシンとトリヨードチロニンの分泌を刺激します。
  • 脳下垂体の前頭葉 - FSH、LH、ACTH、TSH、成長ホルモンとプロラクチンを分泌します。
  • オキシトシン - 平滑筋を収縮させ、出産と授乳に、ある表情と社会行動において重要な役割があります。
  • ADH - バソプレッシンとお知られています。腎臓の水分吸収を増価させることによって尿の量を減少します。
  • 脳下垂体の後葉 - 視床下部に分泌するホルモン(オキシトシンとADH)を保管し、血液に放出します。

アニメーション

  • 視床下部 - 間脳の一部であり、ホルモン系の中心です。
  • 下垂体 - ホルモン系の中心です。働きが視床下部のホルモンにより調節されます。
  • 視床下部 - 間脳の一部であり、ホルモン系の中心です。下垂体を調節するホルモンを分泌する神経内分泌細胞が含まれています。
  • 脳下垂体の前頭葉 - 神経内分泌細胞が他の内分泌腺に影響を与えるホルモンを分泌します。ホルモンの形成は視床下部のホルモンにより調節されます。
  • 脳下垂体の後葉 - 視床下部にある大きな神経内分泌細胞により分泌されたオキシトシンとADHはここで保管され、血液に放出されます。
  • 小さな神経内分泌細胞 - 視床下部にある神経内分泌細胞です。分泌されるホルモンは下垂体の前葉に放出され、そこでホルモンを形成する細胞の働きを調節します。
  • 大きな神経内分泌細胞 - 視床下部にある神経内分泌細胞です。分泌されるホルモンは下垂体の後葉に放出され、血液に流されます。 オキシトシンとADHを分泌します。
  • 性腺刺激ホルモン産生細胞 - 働きは視床下部の神経内分泌細胞により調節されます。他の内分泌腺に影響を与えるホルモンを分泌します。
  • FSH, LH - 卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体形成ホルモン(LH)です。 女性の体の中の働きにちなんで名づけられたが、男性にも性機能を調節するホルモンです。
  • 成長ホルモン - 骨と筋肉の成長を刺激します。成長ホルモンの欠乏により比例低身長、過剰形成により巨人症、あるいは大人になって発生する場合は先端巨大症の原因となります。先端巨大症とは患者の舌、手、鼻と耳が大きくなる病気です。
  • プロラクチン - 乳腺を刺激します。
  • ACTH - 副腎皮質で、性ホルモンと炭水化物の代謝に影響するホルモンの分泌を刺激します。
  • TSH - 甲状腺で、チロキシンとトリヨードチロニンの分泌を刺激します。
  • 脳下垂体の前頭葉 - FSH、LH、ACTH、TSH、成長ホルモンとプロラクチンを分泌します。
  • オキシトシン - 平滑筋を収縮させ、出産と授乳に、ある表情と社会行動において重要な役割があります。
  • ADH - バソプレッシンとお知られています。腎臓の水分吸収を増価させることによって尿の量を減少します。
  • 脳下垂体の後葉 - 視床下部に分泌するホルモン(オキシトシンとADH)を保管し、血液に放出します。

ナレーション

視床下部-下垂体軸は我々の内分泌系の調節中枢です。視床下部間脳の一部であり、下垂体茎により下垂体と繋げられています。

視床下部には神経内分泌細胞が含まれています。小さな神経内分泌細胞は下垂体の前葉に分泌物を排出し、そこのホルモン形成を刺激します。

大きな神経内分泌細胞は抗利尿ホルモン(ADH)とオキシトシンを形成します。これらのホルモンは下垂体の後葉に保管され、血液に放出されます。

オキシトシン平滑筋を収縮させ、出産授乳において重要な役割があります。母親と子供の間の絆、あるいは愛情関係における働きの元で「愛情ホルモン」とも呼ばれています。
バソプレッシンとも呼ばれるADHは腎臓の水分吸収を増価させることによって尿の量を減少します。

下垂体の前葉にはプロラクチン成長ホルモンが分泌されています。プロラクチンは乳腺を刺激します。成長ホルモンの欠乏により比例低身長、過剰形成により巨人症、あるいは大人になって発生する場合は先端巨大症の原因となります。先端巨大症とは患者の舌、手、鼻と耳が大きくなる病気です。前葉は他の内分泌腺の調節においても重要な役割を果たしています。視床下部に分泌されるホルモンの影響により、下垂体の前葉に他の内分泌腺を刺激するホルモンが形成されます。

視床下部-下垂体軸は調節している内分泌腺のホルモンにによる負帰還で抑制されます。この反応によりホルモンの過剰形成が避けられます。しかし、ホルモンの濃度が低いと、形成が刺激させます。この負のフィードバックが体中のホルモンの細かい調節を行います。

関連のエクストラ

女性生殖器系(標準)

生殖器系は生殖のために働いている器官です。

男性生殖器系

生殖器系は生殖のために働いている器官を含んでいます。

内分泌系

内分泌系の腺はホルモンを分泌して、血液に放出します。

女性生殖器系 (基礎)

生殖器系は生殖のために働いている器官です。

甲状腺

重要な分泌器官である甲状腺は体のカルシウム濃度と代謝に影響するホルモンを生成します。

副腎

副腎は恒常性を保ち、ストレスがかかっている状況で速い反応を発生します。

人体の脳の部分

人体の脳の主な部分は、脳幹、小脳、中脳、大脳です。

神経系

中枢神経系には脳と脊髄が含まれ、末梢神経系には神経と神経節が含まれています。

人間の脳

人間の脳の主要部分は脳幹、小脳、間脳、大脳で構成されています。

十二指腸に接続している腺

膵臓と肝臓は十二指腸に消化液を分泌します。

人間の血液

人間の血液は血球細胞と血漿を含んでいます。

循環系

体循環は心臓から体全体へ酸素を豊富に含む血液を流し、肺循環は肺から心臓へ酸素を含む血液を送ります。

脳室系と脳の主な領域

このアニメーションには脳の内部構造が紹介します。

Added to your cart.