面白い地理事実- 社会地理学 -

面白い地理事実- 社会地理学 -

このアニメーションは、社会地理学におけるいくつかの面白い事実を提示します。

地理

キーワード

社会, 人口の増加率, 人口密度, 出生データ, シェール岩, 温室効果, valuta, 大気汚染, 地球儀, マップ, 地球, 国, 世界地図, 空白の地図, 大陸, 人文地理学, 地理

関連のエクストラ

質問

  • 以下の中で、どれは世界で最も人口が多い国ですか。
  • 以下の中で、どの国の人口が10億人を超えていますか。
  • 以下の中で、どれは世界で最も人口が少ない国ですか。
  • 地球の人口がいつ10億人を超えましたか。
  • どの大陸の人口が最も多いですか。
  • 以下の中で、どの大陸の人口が最も低いですか。
  • 以下の中で、どの二つの大陸は人口が10億人以上ですか。
  • 以下の中で、どの国は人口密度が最も高いですか。
  • 以下の中で、どの国は人口密度が最も低いですか。
  • 世界で、一分当たり赤ちゃんが何人生まれますか。
  • 購買力平価説に基づいて計算されたGDPの場合は何を考慮に入れますか。
  • どの国は購買力平価説に基づいて計算された一人当たりのGDPが最も高いですか。
  • どの国は購買力平価説に基づいて計算された一人当たりのGDPが最も低いですか。
  • 過去の150年で、大気中の二酸化炭素の量がどうして上昇しましたか。
  • 以下の中で、どの国の温室効果ガスの排出量が最も多いですか。
  • アメリカ合衆国は世界で最も人口が多い国であるというのは本当ですか。
  • 世界で二番目に人口が多い国はインドであるというのは本当ですか。
  • 世界で人口が最も少ない国はバチカン市国であるというのは本当ですか。
  • 2016年に、地球の人口が100億人を超えたというのは本当ですか。
  • 北アメリカ、南アメリカとオーストラリアの人口の合計が10億人であるというのは本当ですか。
  • 地球上、一日赤ちゃんが30万人以上生まれるというのは本当ですか。
  • 温室効果ガスがなかったら、地球の平均温度が30℃ほど高くなっています。
  • 地球温暖化の原因は大気中の二酸化炭素の量の上昇であるというのは本当ですか。
  • 地球温暖化の主な原因は人間の活動ではないというのは本当ですか。

シーン

地球の人口

  • 人口に基づいてる統計地図

地球の人口国によって異なります。この統計地図で、国のサイズを人口によって変形しました。

中国は世界で最も人口が多い国であり、2016年に14億人になりました。中国以外、人口が10億人を超える国はインドです。インドの次に人口が多いのはアメリカ合衆国(約3億2300万人)、インドネシア(約2億5800万人)とブラジル(約2億500万人)。これらの国は統計地図で最も大きく表示されています。

人口が最も少なく、1000人以下の国はバチカン市国です。その次に少ないのはナウルツバルパラオです。パラオの人口も2万人以下です。五番目に人口が少ない国はサンマリノであり、人口が約3万人です。これらの国はとても小さくて、普通の地図でも見るのが難しいです。この統計地図では、パナマナミビアギニアビサウも人口が少ないため、見づらいです。

人口 10億人

  • 十億人当たりに分配された世界人口
  • 10億人

2016年に、地球の人口が74億人を超えていました。1800年代の初め頃、地球の人口が10億人になり、その以降は指数関数的に増加します。20億人になるためは更に百年以上かかり、1920年代のことです。しかし、その後の32年間で、1959年までに人口が30億人になりました。その以降は12‐13年ごとに人口が10億人増えています。

それにもかかわらず、地球の人口の分配が不平等です。地図上、10億人の人口が同じ色で示されています。北アメリカ南アメリカオーストラリアの人口の合計が10億人ですが、南アジアの人口が30億人だと結構目立ちます。

人口密度

  • 円の外側より円内のほうが多くの人々は居住している

2016年に、地球の人口が74億人を超えていました。1800年代の初め頃、地球の人口が10億人になり、その以降は指数関数的に増加します。20億人になるためは更に百年以上かかり、1920年代のことです。しかし、その後の32年間で、1959年までに人口が30億人になりました。その以降は12‐13年ごとに人口が10億人増えています。

地球の人口密度が不平等です。平方キロメートル当たりに1000人がいるほど人口密度が極めて高い地域があります。最も人口密度が高い国はモナコであり、一平方キロメートルに18700人が住んでいます。それに対して、ナミビアのように、平方キロメートル当たりに3人もいないほど人口密度が非常に低い国もあります。

地図上に、で示された地域に、地球の他の部分の合わさった人口よりも多くの人が居住しています。この地域では、一平方キロメートル数千人も生活しています。例えば、シンガポールでは7740人が一平方キロメートル当たりに居住しています。

出生率

  • 出生率に基づいてる統計地図

世界で、一日30万人の赤ちゃんが生まれてきます。2015年に、約1億4000万人の赤ちゃんが生まれた;一分で265人、一秒で4人の赤ちゃんが生まれてきました。毎年、アメリカヨーロッパ日本の一年で生まれた赤ちゃんの人数よりアフリカの方が多くの赤ちゃんが生まれます。このため、統計地図でアフリカが大きく表示されています。

GDP

  • GDPに基づいてる統計地図

この統計地図は購買力平価説に基づいて、一人当たりのGDPを表示します。

購買力平価説(PPP)とは、他の国の値段を考慮して自国通貨外国通貨を比較して商品とサービスをどのぐらい買えるか推定するために使用される説です。所謂、消費者の通貨が外国でどのくらいのがあるか示しています。購買力平価説に基づくGDPは国によって値段の違いも考慮に入れます。

一人当たりのGDPを基づいて最も豊富な国であるカタールのGDPが14万国際ドルです。カタールの次にGDPが多いのはルクセンブルクシンガポールクウェートブルネイです。一人当たりのGDPが最も低い国のGDPが1千国際ドル以下です。これらの国がリベリアマラウイブルンジコンゴ民主共和国中央アフリカ共和国です。このため、統計地図にはアフリカが薄く現しています。

温室効果ガスの 排出

  • 温室効果ガスの排出に基づいてる統計地図

温室効果ガスは大気にある赤外線放射吸収し、熱を放出することによって大気が暖かくなります。最も重要な温室効果ガスは水蒸気二酸化炭素メタン亜酸化窒素オゾンです。地球の温度は温室効果ガスがなかったら、30℃ほど低くなっています。

大気中の二酸化炭素の量が過去の150年で、人間の活動によって増加しました。その結果として、大気の温度上昇しました。大気での二酸化炭素の密度の上昇の原因は炭素、石油と天然ガスなどの化石燃料の燃焼です。以上のものは発電熱の発生自動車の出力のために使用されています。

最も多くの温室効果ガスを放出する国は中国アメリカ合衆国インドロシア日本です。温室効果ガス排出の最も低い国はキリバスナウルサントメプリンシペドミニカ共和国コモロです。統計地図上に、国のサイズが地球温暖化係数が高い温室効果ガスの量に正比例しています。

関連のエクストラ

世界の国々

三つの難易度があるゲームで、世界の国の地理的な位置、首都と旗が勉強できます。

温室効果

人間活動のため温室効果が高められ、地球温暖化の原因となっています。

環境汚染

人類の社会の自然環境に対する有害な効果は環境汚染と呼ばれています。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

興味深い地理事実–自然地理学

このアニメーションは、物理的な地域に関して複数の興味深い事実を紹介します。

アフリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アフリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

交通網

このアニメーションは主な航空路、水路や陸上の道路を紹介します。

アメリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アメリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

中華人民共和国の行政区分

このアニメーションは中華人民共和国の行政区分の主な部分を紹介します。

移民と難民

このアニメーションは現在の移民問題を様々な観点から紹介します。

アジアの国々

三つの難易度があるゲームで、アジアの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

植民地化と植民地の独立化

ヨーロッパの国家の植民地支配で染められた地図は、植民地が独立して色が消されました。

政治的と経済的な連合

この前の何十年間で、様々な政治的と経済的な連合が設立されました。

海洋と湾

アニメーションは一番重要な海洋と湾を紹介します。

国々のシンボル、観光名所

アニメーションで、世界の国々のシンボルと名所が紹介されます。

大陸と海洋

地球表面上の乾いた陸は海洋によって分断された大陸に分離されます。

世界の都市

このアニメーションは地球の大きな都市の地理的な位置を表示します。

世界宗教の現在状態

世界宗教の地理的分布は歴史的な出来事に影響を与えられました。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

政体と公用語

このアニメーションは世界の国々の政体と多くの公用語を紹介します。

氷河期

最後の氷河時代は1万3千年前に終わりました。

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

Added to your cart.